PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

憲法と人権を考える市民の集い

4月9日(水),憲法と人権を考える市民の集いが開かれました。

演題は,「なぜ、今、『集団的自衛権』なのか-「積極的平和主義」の意味すること」(主催:埼玉弁護士会,共催:日本弁護士会連合会,関東弁護士会連合会)でした。

侵略戦争を行うときに,侵略戦争を行うと宣言して戦争を起こす国は,まず,ありません。
最近の戦争は,実質が侵略戦争であっても,集団的自衛権の行使を名目に行われています。
アメリカ合衆国やソビエト連邦などが,集団的自衛権の行使を名目に戦争を行ってきました。

日本国が,その仲間入りをして,いいのかどうか。
私たちは,よく考える必要があります。

(村田)



---------------------------------------小出重義法律事務所 ------------------------------------------------

遺産、破産、離婚、損害賠償…など、各種の法律問題について弁護士がご相談に応じます。
〒330-0854 埼玉県 さいたま市 大宮区桜木町 4-244-2 ブラザービル3階
TEL 048-647-1222  ・FAX 048-647-4468

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

| 未分類 | 17:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT