PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小菅の空

松山です。
お早うございます。

記録的な豪雨だそうで、大変なことになっています。心配です。

昨日の小菅の空は快晴でした。
建物は、東京拘置所です。

再審請求中の死刑確定者と弁護人との面会に、東京拘置所が立会いを付したことについて、損害賠償請求をしていました。
さいたま地裁では私たちの請求が認められず全面敗訴しましたが、先日東京高裁で一部について逆転勝訴し、敗訴部分について上告等をしていました。
先日最高裁から上告・上告受理を認めないとの裁判が届き、一部勝訴どまりで確定しました。

賠償金は弁護団基金に充当し、鑑定費用にあてることになっています。

風邪薬で、好中球を減少させて人を殺す、なんてことはできません。
粛々と準備しています。






---------------------------------------小出重義法律事務所 ------------------------------------------------
遺産、破産、離婚、損害賠償…など、各種の法律問題について弁護士がご相談に応じます。
〒330-0854 埼玉県 さいたま市 大宮区桜木町 4-244-2 ブラザービル3階
TEL 048-647-1222  ・FAX 048-647-4468
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

| 裁判 | 10:03 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

確かに風邪薬では出来ません。なぜ弁護側の主張が受け入れられいのか理解に苦しみます。

又、”川口市祖父母殺害事件の少年”も、ここに収監されているのですね。弁護側の主張どおり、少年院が叶わなかったのが無念です。
最高裁で争えないのでしょうか。
15年は長すぎます。有り得ません。34歳の中年男性になり、教育も受けられないと思うと・・・。

| | 2015/09/14 18:15 | URL |

松山です。
コメントありがとうございます。

風邪薬については、粛々と準備しております。いずれご報告する機会があるかと思います。

| 松山 | 2015/10/01 17:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT