PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地縁

 はや半世紀超を数える生涯の中間部約30年間ほど全く訪れる機会のなかった場所に、ここ10年というものちょくちょく通い詰めるようになった。 大宮から電車と航空機を乗り継いで5時間弱 わが先祖らが眠る墓である。
 某女流作家が思春期の束の間を過ごし、その著名な小説の冒頭において「明けても暮れても煤すすけて暗い空」と記述された、その昔は石炭産業で栄えた筑豊の町。 かつては掘り出した石炭を洗い、その流通にも資したという一級河川 遠賀川が町の中央を貫く。
 尺岳~福智山~六ケ岳~鷹取山と連なる緑柔らかな福知山地に抱かれ、水質が回復して鮭も遡上するようなった河童伝説も伝えられる遠賀川の広大な河川敷には四季折々人々が憩う。
 素朴で商売っ気のないタクシー運転手さんとおしゃべりするのも何故か妙に楽しい。喧嘩腰なイメージと評されることの多い北九州弁も、たとえ身には付かなくても自分にはむしろ心地よく響くから不思議だ。

kck

---------------------------------------小出重義法律事務所 ------------------------------------------------
遺産、破産、離婚、損害賠償…など、各種の法律問題について弁護士がご相談に応じます。
〒330-0854 埼玉県 さいたま市 大宮区桜木町 4-244-2 ブラザービル3階
TEL 048-647-1222  ・FAX 048-647-4468
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

| 未分類 | 16:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT