PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 8月 8日

 第二次世界大戦終戦直前の昭和20(1945)年の今日 午前11時頃、福岡県筑紫郡筑紫村(現:筑紫野市)内の西日本鉄道 大牟田線(現:天神大牟田線)筑紫駅先で、学徒動員された中学生が運転士や車掌として乗務していた非武装の上り・下り列車が、アメリカ軍の戦闘機複数から機銃掃射を受け、多数の死傷者が発生した。 空襲を受けた筑紫駅のプラットホーム上の待合室の屋根には2つの弾痕が残され、昭和56(1981)年に筑紫野市役所 筑紫出張所敷地内に移築され、保存されているそうだ。
 この事件を題材に、元西日本新聞記者の坂井美彦氏が妻 坂井ひろ子氏と共著された『筑紫れくいえむ』(2008年 7月28日刊)というルポタージュがあると知り、購入した。 3~9歳を付近の町で暮らし、この路線を利用し、駅を利用(通過)しながら、今日まで全く知り得なかった事実。
 終戦から70年を迎える来夏。 堅く口を閉ざしたまま戦後を生き抜いてきた戦争体験者たちが、様々な表現媒体で沈黙を破るムーブメントが日々報道されるこの季節。 日常の雑談レベルに聞き流してしまい、今さら惜しんでも再生の術なき亡き血族たちの命の体験談。

kck

---------------------------------------小出重義法律事務所 -------------------------------------

遺産、破産、離婚、損害賠償…など、各種の法律問題について弁護士がご相談に応じます。
〒330-0854 埼玉県 さいたま市 大宮区桜木町 4-244-2 ブラザービル3階
TEL 048-647-1222  ・FAX 048-647-4468

| 未分類 | 15:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT